自己処理 デメリット

薬局で販売されている脱毛グッズは所詮小細工です。

毎日毛抜きで眉毛を整えていませんか?腕の毛をピンセットで引っこ抜いてないですか?

 

そんなのダメですよ!! 所詮、毛処理グッズというものは一時的な除毛にしかならないんです。

 

しつこく何度も抜いていれば毛が生えてこなくなると思ったら大間違い!

 

毛抜き× シェーバー× 脱毛クリーム×

 

全ての致命的なデメリットがあるのでオススメなんて絶対にできません!

 

簡単なメリット・デメリット表

長所

短所

毛抜き

非常に安い。慣れてくると抜くのが快感になってくる。

毛穴が開く。雑菌が入りやすい。
明らかに時間がかかるので大変

カミソリ

スムーズに毛処理できる。
ハサミでカットしたい箇所もok
毛抜き同様、気軽に買えて安い

カミソリ負けの可能性が出てくる
赤くなってブツブツになるかも

シェーバー

カミソリよりもスピーディ。
1000円もあれば優秀な電気シェーバーが買える。

毛抜きやカミソリよりも被害は少ないが、やっぱり肌は傷つける。

脱毛クリーム

塗るだけで除毛できるが、脱毛効果は実際にはない。
シェーバーぐらいの安さ。

「脱毛」はできない。除毛です。
たんぱく質を溶かすため、肌に大きなダメージが残る。
最悪、肌荒れの原因にもなる。

脱毛器

機械によってはスピード脱毛が可能だが、肝心な場所には使えない。

機械によって性能差が激しい。
値段が高くて手が出ない人も多い。

 

自己処理は永遠に終わらない

 

残念ですが、自分で毛抜きなどを使っていても永遠に脱毛が完了することはありません。

 

一般的な体質であれば、毛を抜いたらさらに太い毛が生えてきます。

 

もし、抜き続けていたら生えてこなくなったという迷信を信じている人がいたら、本当に可愛そう。

 

どんどんどんどん毛穴がパックリ開いていって、埋もれ毛になったりするのに。

 

エステやクリニックで脱毛するのが1番かしこい

 

敷居が高いとか、遠出するのが面倒とか、そういった理由で自己処理している人は

 

事故を引き起こしてからじゃないときっと脱毛エステのエピレとかにには通わないんでしょうね。
銀座カラーなんか全身脱毛が格安でできるのに、どう考えてもこっちの方がいいと思う。

 

怪我をしてから生命保険に入ったり、事故を起こしてから自動車保険に入るのといっしょで
肌が荒れて、ボロボロになったりしないとなかなか女性って脱毛しようと思わないよね。さっさとエピレに行けばいいのに!